人は住まいで自分を表現する

この住まいによる自己表現の例は日常生活の中にもたくさん見かけることができます。たとえば、そこが何の某の所有するものであることを明示するために家に表札をつけたり、池や植木などで庭を自分の好みに造園することで趣味や嗜好を表現したりすることはその一例といえます。あるいは自分の社会的経済的地位の高さを誇るために大きな邸宅を構えたり、荘重な門扉を造ったりすることもそのひとつです。.なぜ人は個性的な家を求めるのか.ではなぜ、人は住まいによる自己表現にこだわるのでしょうか。そのことについて考えるまえに、まず、住まいとはいったい人間にとってどういった存在であるのかを考えてみたいと思います。.住まいはヒトのなわばりであるヒト以外の動物の世界でみてみれば、人間の家に対応するものとして巣やなわばりといった空間を誰もが思いつくはずです。そういった空間は動物に外敵から身を守ることや、安全に休息したり、餌をたべたり、子どもを育てたりすることを可能にさせます。ところで、不動産に関するあらゆる情報は、←こちらから収集できます。なわばりにはそのほかにも生活空間の酷使や過剰利用の防止のような生態学的な意味がありますが、巣やなわばりのこうした役割は私たちの家の役割のいくつかと共通するものです。したがって、住まいや家をヒトのなわばりの一つとして考えることはなんら問題はないと思われます。そのため、最近の建築学や環境心理学の研究者は家を人間のなわばりあるいはなわばり的機能をもつ空間として考え、そこから家や住まいの意義を考えるようになっています。

EZ178_L

Categories: 未分類

1 Comment

  • Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す