良い家族関係の確立

  • By asmile
  • 2014年7月9日
  • コメントは受け付けていません。

では、なぜ家の空間と心理的に深く結びつくことが心理的な健康をもたらすのでしょうか。この因果関係を調査で明らかにすることは困難ですが、つぎのような推測は可能です。つまり、家に肯定的に係わっている人とそうでない人では住まい方が違うと考えられます。先の主婦の調査では「なわばり」空間を確保している人は暇な時間、つまり余暇を過ごす場所がある、あるいは決まっているという結果も得られています。しかもそこはたいてい「自分らしさの表れた」場所(調査対象の主婦では多くが台所や居間)です。これを逆にみれば、そういった場所のない人は暇な時にゆっくりリラックスできる場所がないということになります。地震はいつあるかわからないので、対策は早ければ早いほど良いでしょう。←こちらのサイトでは不動産関連情報を取り揃えております。精神的なゆとりが心理的な健康をもたらすことはいうまでもないことですが、家を肯定的にとらえるということはまさにそれを可能にする空間をもつことなのではないでしょうか。もちろん他の解釈の可能性もあるかもしれません。例えば、主婦の気に入った場所は同時に家族の団らんの場でもあります。したがって、上に述べたことに加えて「良い家族関係の確立」も重要かもしれません。今後の研究でこうした課題が解決されることが期待されます。

例えばアメリカ合衆国の都市における民族的セグリゲーションに関しては,二
神(1973)や樋口(1979)などがあげられる。またドイツの都市においては,
小林(1990)などが都市問題の紹介においてガストアルバイターの居住区の分
布について概略しており,山本(1980,1982)は,ガストアルバイターの居住
地の分布と住宅問題から民族的セグリゲーションの要因を住宅市場と雇用の観
点から分析している。このような旧西ドイツの都市における民族的セグリゲー
ションについて,ワルドルフ(Waldorf;1990)は住宅政策による影響を検討
した。同様に,民族的セグリゲーションについてシブレイ(Sibley;1990)は,
制度的背景や政策的影響からイギリスの都市について分析した。

EZ171_L

Categories: 未分類

Comments are closed.