住む人の心理

  • By asmile
  • 2014年7月9日
  • コメントは受け付けていません。

このように、家による自己表現は私たちの身近な現象ですが、これに環境心理学者たちが関心をもつのは、それがそこに住む人の心理に影響を及ぼすことがあるからです。なかでも近年関心をもたれているのが、家とその近隣環境を含めた居住環境に対する居住者の愛着形成との関係です。・家への愛着を高める個性的な家づくり当然のことながら、家が自分の好みに合った造りであれば、その場所の居心地の良さは増すはずです。ある調査によれば、引っ越してきた人が新しい住居に入ってそこを居心地よくするために最初にしたことは、自分にとって特別な意味のあるものを据えたり、趣味に合ったものを用意することだったといいます。また、私たちが大学生についておこなった調査でも、個室が自分らしさをよく表していると考えているものほど、部屋への愛着を強く感じているという結果が得られています。昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、←こちらのサイトからたくさん見られます。長年住み慣れた家に私たちが愛着を覚えるのも、単に長い年月を経たからではなく、そこには自分や家族の思い出を育むものがたくさんあり、その空間が自分たちの趣味や価値観に合うように作り替えられてきたからにほかなりません。

3.都市内部地域における民族的セグリゲーションに関連したハウ
ジング研究
都市内部地域において,民族的なセグリゲーションの空間的パターンから居
住分化がみられることが数多くの研究(Vandell;1981,Sibley;1990など)
で明らかにされている。山下(1984)はこのような都市内部におけるセグリ
ゲーションに関する研究が都市社会地理学的研究から盛んにアプローチされ,
人種・民族集団・貧困などの社会問題に初期の研究の関心が向けられたとした。

EZ187_L

Categories: 未分類

Comments are closed.