大正大阪スラム

  • By asmile
  • 2014年8月27日
  • コメントは受け付けていません。

スラムと不良住宅地区は必ずしも同一のものではなく,この点に関して中川
(1985)は関東大震災後,旧市内の旧来の都市スラムが消滅,縮小し,「市街地
の拡大,旧市内での都市環境整備の進行,震災による郊外への人口移動といっ
た外因と,都市スラムの集住単位空間であった共同長屋(トンネル長屋),棟
割長屋,木賃宿における,炊事,育児,洗濯,排便などを行う際に必要とされ
た疑似的な共同性の喪失といった内因により,最下層住民は分散されていっ
た」(p.151)ことにより,「最下層住民の分布と都市スラムの存在とが必ずし
も一致しなくなり,一般の住宅地域との対比において都市スラムをとらえ直す
ことが,都市を経営する行政側にも要請された」(pp.176~177)と東京にお
ける不良住宅地区の特殊性を指摘している。

ところで、不動産といえば、家 高く売る ←こちらのサイトがお勧めです。

このようなわが国の大都市における不良住宅地区やスラム地域に関しては,
横山(1988)による『日本の下層社会』(岩波書店)などのルポルタージュが
知られる。また,近代期の東京の下層社会に関する木田(1990),石塚(1991)
や杉原・玉井編(1986)の『大正大阪スラム』は大正期における大阪市のスラ
ムを都市部落住民や在阪朝鮮人の労働や生活状況に関する詳細な報告があり,
そのなかで福原(1986)は,都市部落の居住地拡大のモデルにより,都市部落
の拡大過程をダイナミックに示している。この他に,丹羽(1992)による大阪
市西成区の「寄せ場」釜が崎地区における「野宿者」の社会空間に関する都市
社会地理学的研究やアリムラ(Arimura;1991)による日雇い労働者に関す
る研究がある。

EA002_L


予期した開発が行われない頽廃化地区

  • By asmile
  • 2014年8月27日
  • コメントは受け付けていません。

またハーヴェイ(Harvey;1972;1973)は,「地代が
都市の土地をさまざまな利用に配分する役割を果たすという指摘を行ってゲッ
トーの形成を説明し,それは利用が空間の価値を決定しているからなのではな
く,価値が利用を決定しているからなのであると述べている」(竹内;1984,
p.170)。同様に,モリル(Morrill;1965)もこの観点からゲットーの成因の
解明を試みている。

転居やリフォームを機に家具について再考してみるのも良いかもしれません。壁面収納を選択肢に入れてみましょう。←こちらのサイトからは、不動産関連情報をたくさん見られます。

この点に関して竹内(1984)は,「このような公式論と,マルクスおよびエ
ンゲルスの著作からの都市問題および住宅問題に関する記述を断片的に引用し
てアメリカ都市問題の説明に適用している部分とは,理論的整合性を持ってい
ない」。これに対してベリー(Berry;1972)は,「ハーヴェイに賛成しつつも,
ハーヴェイの議論は,マルクス主義理論の発展が自動的又は『魔術的』に社会
変化を,もたらすという『思い入れ』であると批判した」(竹内;1984,p.
170)。

わが国における都市スラムの研究事例として,木内(1941)はアメリカの都
市において,都心周辺部にスラムが出現する理由を,都心の拡張による開発を
見越した土地利用の粗放化が一部の頽廃化地区を形成し,都心の立体化が水平
的拡大を停止させることにより,予期した開発が行われない頽廃化地区が一層
悪化すると述べている。さらに木内はこのような現象が日本ではみられないと

し,昭和初期の東京市における不良住宅地区の分布を示した。むしろ「東京の

都市スラムは,市街地の拡大にともなって,市街地の周縁に発生するものが多

いのである。それゆえ,市街地内部にあるスラムも,市街地の拡大によって,

元々は周縁にあったものが内部にとりこまれた結果」(杉浦,1992,p.208)と

考えていた。

EA001_L


ゲットーにおける問題

  • By asmile
  • 2014年8月27日
  • コメントは受け付けていません。

都市内部地域におけるセグリゲーションの中でもスラムおよびゲットーはと
くに都心周辺地域に局所的に形成される。それらに関する研究の代表としてし
ばしば引用されるのがウォード(Ward;1989)によるシカゴにおける黒人居
住地域に関する研究である。インナーシティ内においてとくにマイノリティの
集中現象として,深刻な社会問題化しているのがゲットーの問題である
(Boal;1976,Ward;1982)。ゲットーとは『人文地理学事典第3版』(Dic.
ofHumanGeogr.3rd.ed.)によると,民族的あるいは文化的グループの排
他的,保護的な居住地区であり,本来的にはヨーロッパの都市において法的に
分離されたユダヤ人居住区を指す用語であった。ゲットーにおける問題は,ハ
ウジングや労働市場における差別や偏見によってひとつの民族が集中している
ことにおいて,スラムとは異なる。

たくさんの物件をこちらのサイトから→ご覧いただけます。

ハーヴェイは,ゲットー形成の問題点について,「居住地選択は次々に連続
的に生じるものであって,一時に起こるものではない。最も貧困な者たちが最
後に『選択する』のである。社会的に規定される希少性が市場経済の前提条件
であるから,競り人の多くは何も手に入らないであろう。ハーヴェイの見解で
は,例えばゲットーの形成は先進資本主義の市場過程を通して産み出された経
済的不平等の所産であり,これが惹起する諸問題は根本的な構造変革なしには
解決され得ないということになる」(ジャクソン・スミス;1991,p.217)と
述べている。

具体的事例ではハーヴェイは,「バルティモアの都市問題,あるいはアメリ
カ都市のゲットーやスラムの問題,すなわち,これらのレリヴァントな問題に
取り組みながら,スミスなどと同じ歩み,すなわち人種的・民族的差別,ある
いは富の配分・再配分などにみられる空間的不平等・不公正を解決するための
具体策を提言するための分析を進め」(竹内;1984,p、168),「公共財の立地,
外部効果,空間組織と政治的・社会的過程の関連が大きな問題」とする厚生地
理学の主張を行った。

DY073_L


都市内部における民族的セグリ ケーション

  • By asmile
  • 2014年8月27日
  • コメントは受け付けていません。

このような都市内部地域におけるエスニシティ問題について,都市社会学の
立場から植木(1993)は「『世界都市』におけるエスニシティは,それが国際
労働力移動,インフォーマル・エコノミーと結びついているところに,その固
有の性質が現れている」(p、294)とし,そこにウォーラーステイン(1985;
1987)による「世界都市」の概念を引用し,「単なる差別問題,異文化摩擦の
問題ではなく,エスニシティが,労働需要の再編,分裂した労働市場に組み込
まれていることにおいて」(p.294),『世界都市』の発現とみている。このよ
うな都市社会学的観点について植木は,空間論的視角が欠如したものであり,
このような「社会的危機も動揺も,空間的・地理的にのみ発現する」(p.296)
と指摘した。

「北側」と「水回り」は気を付けましょう。←参考にここのサイトからいろいろな間取りを見てみましょう。

同じ都市社会学の立場ではあるが,町村(1994)は東京における人種・民族
的集中地域の分析を行い,差別化される居住地域の存在を指摘し,国籍による
住み分けの要因として構造的要因(就業機会の分布,エスニック集団の集住状
況,入居可能な住宅ストックの存在,地域社会における外国人差別の可能性な
ど)と個人的要因(住宅費支出を左右する経済的余裕,職業ごとの通勤可能距
離,同じエスニック集団で暮らすことがもたらすメリット,ライフスタイルや
ライフステージに基づく選好など)の2つをあげている。

先に述べたように,ハウジングと関連させて都市内部における民族的セグリ
ケーションを考察する際には,当然のことながら民族的セグリゲーションが社
会・経済階層の問題と密接にかかわっており,移民社会において最低賃金の黒
人移民がインナーシティ内の最も貧困な住宅に居住していることを明らかにし
た研究事例は多い(Rose;1964,Morrill;1965,HansellandClark;1970,
Meyer;1973,Hughes;1990)。これらのセグリゲーションの要因に関して
ハウジングとの関連から分析したものとしては,黒人に対して差別的に作用す
る住宅市場を分析し,人種的な「かえるとび(leapfrogging)」を説明した
リッチ(Rich;1984)があげられる。

EA004_L


居住分化を社会関係に基盤をもつ選好体系

  • By asmile
  • 2014年8月27日
  • コメントは受け付けていません。

さらに東南アジアの都市における民族的セグリゲーションに関しては,山下(1984)が人的
関係や経済活動からの分析をしたが,ハウジングとの関連ではヴァンデル
(Vandell;1981)は人種構成の近隣地区への影響を評価した。

更に詳しく調べるなら、←こちらがお勧めです。

このように,都市内部地域におけるセグリゲーションは,社会経済的状況に
よるものと民族的状況によるものに大分できるが,両者は独立した関係ではな
く,少数民族や移民などのホスト社会から隔離された社会集団は,低所得世帯
が多く,むしろ非常に緊密に関連している。前者の社会経済的地位による居住
分化について,マルクス主義的立場からハリス(Harris;1984)やハーヴェイ
(Harvey;1991)は,ティムズ(Timms;1971)による社会学的説明や新古
典派経済理論からの説明などを批判した上で,資本主義社会の脈略から「資本
主義都市において居住分化があるということは,市場能力の獲得に必要とされ
る希少資源へのアクセスの難易がさまざまに異なっていることを意味してい
る」(p.160)とし,さらに「居住分化を,社会関係に基盤をもつ選好体系に
よって受動的に生み出されたものとみるのでなく,階級関係と社会分化とが生
産され維持される過程になくてはならない媒介的影響を及ぼすものととらえな
ければならない」(p.167)と主張した。このように居住分化を階級関係から
捉えることには,理路整然とした説明に説得力があるが,経済学的側面以外に
含まれる個人個人の居住観などのメンタルな側面や居住地選好などの行動的あ
るいは文化的側面が居住分化に反映される余地があることを考えると,多少疑
問もあるところである。

EA003_L


良い家族関係の確立

  • By asmile
  • 2014年7月9日
  • コメントは受け付けていません。

では、なぜ家の空間と心理的に深く結びつくことが心理的な健康をもたらすのでしょうか。この因果関係を調査で明らかにすることは困難ですが、つぎのような推測は可能です。つまり、家に肯定的に係わっている人とそうでない人では住まい方が違うと考えられます。先の主婦の調査では「なわばり」空間を確保している人は暇な時間、つまり余暇を過ごす場所がある、あるいは決まっているという結果も得られています。しかもそこはたいてい「自分らしさの表れた」場所(調査対象の主婦では多くが台所や居間)です。これを逆にみれば、そういった場所のない人は暇な時にゆっくりリラックスできる場所がないということになります。地震はいつあるかわからないので、対策は早ければ早いほど良いでしょう。←こちらのサイトでは不動産関連情報を取り揃えております。精神的なゆとりが心理的な健康をもたらすことはいうまでもないことですが、家を肯定的にとらえるということはまさにそれを可能にする空間をもつことなのではないでしょうか。もちろん他の解釈の可能性もあるかもしれません。例えば、主婦の気に入った場所は同時に家族の団らんの場でもあります。したがって、上に述べたことに加えて「良い家族関係の確立」も重要かもしれません。今後の研究でこうした課題が解決されることが期待されます。

例えばアメリカ合衆国の都市における民族的セグリゲーションに関しては,二
神(1973)や樋口(1979)などがあげられる。またドイツの都市においては,
小林(1990)などが都市問題の紹介においてガストアルバイターの居住区の分
布について概略しており,山本(1980,1982)は,ガストアルバイターの居住
地の分布と住宅問題から民族的セグリゲーションの要因を住宅市場と雇用の観
点から分析している。このような旧西ドイツの都市における民族的セグリゲー
ションについて,ワルドルフ(Waldorf;1990)は住宅政策による影響を検討
した。同様に,民族的セグリゲーションについてシブレイ(Sibley;1990)は,
制度的背景や政策的影響からイギリスの都市について分析した。

EZ171_L


集合住宅に住む人

  • By asmile
  • 2014年7月9日
  • コメントは受け付けていません。

集合住宅に住む人のうち、自分の住戸の周りを植木などで飾る人は、自分自身に対して誇りを感じるようになるといいます。これは、植木などをみた近所の人にそれをほめられることで、自分が認められたように感じることによるようです。また、大学の新入生について寮の部屋の使い方を調べた調査でも、入学後半年の間に大学を退学した学生と学業を続けている学生の間では、好きなスポーツ選手や歌手のポスターで部屋を飾ったり、家族や友人・ガールフレンドの写真で部屋を飾るという行為で差がありました。つまり、大学に残っているという意味で学校生活にうまく適応できた学生の方が、そうした部屋の個性化を多くおこなっていたというものです。この結果はその後の別の調査ではやや暖昧になっていますが、我が国の大学生でも自分の部屋の個性化の程度を高く評価している学生ほど心理的自立性が高いという結果が得られています。主婦の場合でも事情は同じです。予算が許す限り、もしもの時の為の設備を検討しましょう。←こちらのサイトでいろいろな物件を見られます。筆者の調査では、住まいの中に自分らしさを表す場所があるか、自分の思いどおりにできる場所があるか、他人に入られたくない場所があるかなど、いわゆる「なわばり」空間の有無と情緒的安定性、心身症傾向、災害や犯罪への不安などを尋ねました。結果は、場所に関するこれらの質問は相互に関連しあっており、それらの一つでも家の中にもっている主婦は一っもない主婦に比べて情緒的に安定し、かつ不安も低いことを示すものでした。

EZ175_L


場所への愛着:その定義

  • By asmile
  • 2014年7月9日
  • コメントは受け付けていません。

ではこの「場所への愛着」とはどういうことでしょうか。先にも述べたように、近年さまざまなレベルの場所への愛着が注目されていますので、ここで簡単に触れておきます。まず愛着、愛着感をどのように捉えるか、その定義を考えてみます。愛着感は通常、発達心理学で親と子の愛着という文脈で心理学では問題にされてきました。その意味するところは、ボウルピーやハーロウの研究に代表されるように「人間(動物)が、特定の個体に対してもつ情愛的きずな」とされます。あるいは、単なる「好き」という水準以上にその対象との心理的つながりが強く、対象の欠如がしばしば不安などの負の情動を喚起するようなものを指します。こうした特徴は愛着という用語が対象への依存性の研究と不可分に用いられ始めたという研究の流れから理解できると思います。場所への愛着も基本的にはこうした定義を踏まえて理解されます。たとえばロウとアルトマンは場所への愛着を、その場所に対する感情(たいていは正の感情)、知識や信念あるいはその場所と結びついた行為などの統合的複合体と定義しています。そして対象となる場所にはさまざまな次元が考えられるとも述べています。転居やリフォームを機に家具について再考してみるのも良いかもしれません。壁面収納を選択肢に入れてみましょう。←こちらのサイトからは、不動産関連情報をたくさん見られます。あるいはブラウンとパーキンスは同じ本の中でやはり「場所への愛着は個人がその社会物理的環境の中で体験する行動的、認知的、情動的な深い関わりを自然に反映する」と書き、個人のライフサイクルの中では変動することもあると述べています。他方ジュリァーニは場所も含めた対象への愛着を、対象の存在やそれへの接近などによって心理的安寧がもたらされ、逆に、その不在によっては不快がもたらされる状態と定義し、自己・対象(場所)・自己と対象の関係の三次元から捉えることを提唱しています。

EZ179_L


住む人の心理

  • By asmile
  • 2014年7月9日
  • コメントは受け付けていません。

このように、家による自己表現は私たちの身近な現象ですが、これに環境心理学者たちが関心をもつのは、それがそこに住む人の心理に影響を及ぼすことがあるからです。なかでも近年関心をもたれているのが、家とその近隣環境を含めた居住環境に対する居住者の愛着形成との関係です。・家への愛着を高める個性的な家づくり当然のことながら、家が自分の好みに合った造りであれば、その場所の居心地の良さは増すはずです。ある調査によれば、引っ越してきた人が新しい住居に入ってそこを居心地よくするために最初にしたことは、自分にとって特別な意味のあるものを据えたり、趣味に合ったものを用意することだったといいます。また、私たちが大学生についておこなった調査でも、個室が自分らしさをよく表していると考えているものほど、部屋への愛着を強く感じているという結果が得られています。昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、←こちらのサイトからたくさん見られます。長年住み慣れた家に私たちが愛着を覚えるのも、単に長い年月を経たからではなく、そこには自分や家族の思い出を育むものがたくさんあり、その空間が自分たちの趣味や価値観に合うように作り替えられてきたからにほかなりません。

3.都市内部地域における民族的セグリゲーションに関連したハウ
ジング研究
都市内部地域において,民族的なセグリゲーションの空間的パターンから居
住分化がみられることが数多くの研究(Vandell;1981,Sibley;1990など)
で明らかにされている。山下(1984)はこのような都市内部におけるセグリ
ゲーションに関する研究が都市社会地理学的研究から盛んにアプローチされ,
人種・民族集団・貧困などの社会問題に初期の研究の関心が向けられたとした。

EZ187_L


人は住まいで自分を表現する

この住まいによる自己表現の例は日常生活の中にもたくさん見かけることができます。たとえば、そこが何の某の所有するものであることを明示するために家に表札をつけたり、池や植木などで庭を自分の好みに造園することで趣味や嗜好を表現したりすることはその一例といえます。あるいは自分の社会的経済的地位の高さを誇るために大きな邸宅を構えたり、荘重な門扉を造ったりすることもそのひとつです。.なぜ人は個性的な家を求めるのか.ではなぜ、人は住まいによる自己表現にこだわるのでしょうか。そのことについて考えるまえに、まず、住まいとはいったい人間にとってどういった存在であるのかを考えてみたいと思います。.住まいはヒトのなわばりであるヒト以外の動物の世界でみてみれば、人間の家に対応するものとして巣やなわばりといった空間を誰もが思いつくはずです。そういった空間は動物に外敵から身を守ることや、安全に休息したり、餌をたべたり、子どもを育てたりすることを可能にさせます。ところで、不動産に関するあらゆる情報は、←こちらから収集できます。なわばりにはそのほかにも生活空間の酷使や過剰利用の防止のような生態学的な意味がありますが、巣やなわばりのこうした役割は私たちの家の役割のいくつかと共通するものです。したがって、住まいや家をヒトのなわばりの一つとして考えることはなんら問題はないと思われます。そのため、最近の建築学や環境心理学の研究者は家を人間のなわばりあるいはなわばり的機能をもつ空間として考え、そこから家や住まいの意義を考えるようになっています。

EZ178_L